archives



Amazon.co.jp ƒAƒ\ƒVƒGƒCƒg

links
This page is powered by Blogger. Isn't yours?


November 06, 2004

映画「2046」を観た

 一言で感想を言うのなら、ウォン・カーウァイは相変わらずロマンチックだなぁというところ。

 でも、映画的には予算がありすぎて、やりたいことを何でも突っ込んだら収拾がつかなくなりましたという感じだったかなぁ…。もう少しエピソードを煮詰めた方が商業的には成功したと思う。まぁ、昔からこの監督の作品は収拾がつかないのが味だったりはするのだけど。

 エピソードとしては一番旬な女優のチャン・ツィイーの出てくるところが圧倒的に迫力があった。フェイ・ウォンは相変わらず「元祖・中国の不思議ちゃん」していて、とても子供がいる人には見えないのがスゴイ。

 木村拓哉に関しては、アイドルスターとしてのアイコンを知っている以上、どんなに演技が良くても悪くてもそれは関係なくて、「木村拓哉」としてしか見えないのが辛い。テレビドラマや富士通のCMなら結構いけても、映画は難しいかもねぇ。

 個人的には、カリーナ・ラウのエピソードのバックで流れるゴージャスなアレンジの「夜来香」がすごく気に入ったのだけど、どうやらサントラ盤には収録されていないみたいで残念。もしかして曲名が違うのだろうか?

 あとは、全然関係ないけど、チャン・ツィイーが誰かに似ているのに、それが誰なのか思い出せなくて、昔からず?っと気になっていたのが、突然閃いた。若い人は知らないかもしれないけど、80年代のananあたりで一世を風靡したモデルの甲田益也子に似ているのだ。これで一つ悩みがなくなった(笑)。



index | bbs | cntact

©2003-2005 what's my scene?