archives



Amazon.co.jp ƒAƒ\ƒVƒGƒCƒg

links
This page is powered by Blogger. Isn't yours?


April 24, 2004

イスラエル首相、アラファト議長殺害も辞さず

 朝起きて、ニュースサイトをチェックしてたら、とんでもない見出しが目に飛び込んできた。ここまで挑発するということは、「いつでも戦争やりますよ」と公言してるようなもの。

 記事ではさらに、シャロン首相が「こうした考えを、さる14日の会談でブッシュ米大統領にも伝えた」としてるから、ある意味、米国(大統領)公認を暗に示してる訳だよね。「ありがとう、アリエル」とブッシュも応えているし(笑)。さすがにホワイトハウスとしては、シャロン発言への反対表明をしてるらしい。

 なんかねぇ、もうレコード輸入権がどうのとか言ってられない時代が本当に目前まで近づいてきているような感じ。関係ないけど、確かCCCDはイスラエルの技術だったような…。


 昨日、オレが勝手に切れて、「Someday」があるから許せないと放言していたら、当の佐野元春は古巣のエピックを離れることを決めたらしい。もはや、音楽活動を続けるために既存のレコード会社へ所属するメリットが無くなりつつある今となっては、この動きが当然で、逆に実行するのが遅かったぐらいなのかもしれない。

 彼がデビューした当時からいまだにエピックにいる人なんて指で数えられる位しかいないはずで、この事件を感慨深く思うエピックの社員はそれほど多くないだろうと思うと、すごく寂しいものがあったりする…。

 オレなりの遺恨(笑)はとりあえず無視するとして、音楽で表現するという活動をこれだけ長年続けてきたその姿勢は大きく賞賛されるべきものがあるし、これからもガンガン頑張ってもらいたいものです。

 このニュースを知ったのは、いつものように音楽配信メモなんだけど、そこでECDの発言が引用されていて、相変わらず元気そうなことを知り、ちょっと元気をもらった。もっともオレは、今だに「漫画で爆笑だあ!」が一番好きなダメファンなんだけど。



index | bbs | cntact

©2003-2005 what's my scene?